エンジン新製品のご案内<バンガード オイルガードシステム搭載モデル>

2018/04/23

ブリッグス・アンド・ストラットン・ジャパン株式会社は、新たにオイル交換の間隔を通常の5倍、約500時間に延ばすことができるバンガード オイルガードシステム搭載モデル(49,54,61シリーズ)を発売しました。

オイルガードシステムは、『エンジン潤滑オイルのイノベーション』として注目されるシステムで、別置き型のオイルタンク(4.7ℓ)からオイルを循環させる「ドライサンプ方式」を採用しています。米国では業務用雑草刈機などに搭載されプロユーザー向けのエンジンアプリケーションに最適なエンジンです。

  仕様
オイルガード
49e8 oil
※画像は49シリーズです

オイル交換最大500時間、メンテナンスコスト削減

・オイル交換の間隔を大幅延長、最大約500時間、通常の5倍に延長可能
・メンテナンス時間やアイドルタイムを大幅に減少し、メンテナンスコストを削減
・簡単オイル交換

傾斜角度45度まで運転可能

・EFI(電子制御式燃料噴射装置)システムと組み合わせることで傾斜角度最大45度まで連続運転が可能

エンジンオイル低温維持

・別置き型オイルタンクからオイルを循環させ、エンジンオイル温度を低温で維持
・大型オイルフィルターでオイルを濾過することでオイルをクリーンに保ち、エンジン寿命を向上

  製品紹介動画

※注: 動画再生時には音声が流れますので音量にご注意ください。

  搭載採用製品紹介

oil
oilguard


この記事に関するお問い合わせ

ブリッグス・アンド・ストラットン・ジャパン 株式会社

☎ 0748-33-3621

無題


プレスリリース一覧へ>>

ブリッグス アンド ストラットン ジャパン株式会社
(C)Briggs & Stratton Japan. All Rights Reserved.